DV告発ネットワーク、男女混合名簿、露骨な性教育、女子高校廃止・・・・・フェミナチ知事が千葉県で繰り広げるフェミニズム利権政治を監視するブログ。内部告発大歓迎!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

watchman

Author:watchman
生業 ジャーナリスト
ねぐら 下総

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

自民党フェミナチ条例案の廃案は当然 

 千葉県の二月県議会では、自民党による千葉県男女共同参画条例案とドメスティック・バイオレンス条例案をめぐるドタバタ劇が演じられた。自民党条例案も県議会に上程されたが、堂本知事が提出した男女共同参画条例案とともに継続審議になり、議員の任期切れに伴ひ廃案になるといふ結末をたどつた。



 自民党は、一部の県議が外部勢力にそそのかされて独自案を作成したものの、県民の間から「堂本案に勝るとも劣らない悪質なフェミニズム条例」といふ批判が巻き起こり、結局、成立を断念せざるを得なかつた。愚劣な自民党条例案が堂本案と一緒に葬り去られたことは、千葉県民にとつて幸ひだつたと言はなければならない。

 自民党案に関与した人々は「良識的・理想的な男女共同参画条例案がまもなく成立します」と前宣伝してゐた。しかし、他府県の人が「良識的条例案」の中身を知つたら驚愕するに違ひない。

まずドメスティック・バイオレンス(DV)条例案。ドメスティック・バイオレンス条例など他府県にはない。国のドメスティック・バイオレンス防止法が左翼フェミニストの圧力で二年前に制定されてから、魔女狩りならぬDV狩りが全国で猛威を振るつてゐる。このDV防止法が存在するだけで危険なのに、DV条例まで制定しようといふのだからほとんど正気の沙汰ではない。

 自民党千葉県連のホームページには「ドメスティック・バイオレンスについては、国にいわゆるDV法があることから、男女条例に含めるのではなく、法に基づいた別の条例にすべきと考え、二本立てで検討を進めました」とマヌケな説明がある。

 自民党DV条例案は、堂本案にあつたDV条項をすべて取り込んだ上で、加害者の更正、民間団体の拠点施設の整備、DV対策基本計画の策定、転居先の秘匿などの条文を新たに盛り込んだフェミナチ条例である。

 DV加害者はある種の犯罪者と同じく常習性があるので、施設に収容して矯正する必要があるといふのが加害者更正の考へ方だ。家庭内暴力で収容所に送られるのだから恐い。フェミナチ条例と呼ぶ所以である。

 自民党が率先して破廉恥DV条例案をつくつたので、全国のフェミニストもそのマヌケぶりを嘲笑してゐる。県議会では、左翼政党からさへ「国のDV防止法も加害者の更正までは踏み込んでゐない」と指摘される始末だつた。

 自民党の男女共同参画条例案もひどいものだ。「男らしさ女らしさ」といふ文言をれただけで「理想的な条例」をつくつた気になり、大澤真理が盛り込んだ長大な「基本理念」条項を残す一方で、アファーマティブ・アクション(積極的差別撤廃措置)の四割条項(いずれかの性が四割未満になつてはならない)を新たに加へるといふ馬鹿げたことをやつてゐる。

 自民党にこのやうな愚かな条例案をつくるようけしかけたのは、日本会議のメンバーたちと日本時事評論社なるエセ保守団体である。

かれらは、堂本知事が条例案を九月県議会に提出した際にも関与してゐる。修正案などを自民党に提出し、自民党はこれらをもとに修正要求を作成した。しかし自民党ボス県議を取り込んで強気の堂本知事は、実質一箇所しか修正しない条例案を議会に提出した。それでも日本会議などの面々は、一箇所でも修正されたのは上出来と喜んでゐた(!)のである。

 この連中のマヌケぶりを示す証拠はほかにいくらでもある。たとへば、日本時事評論が自民党に提出した修正案の次の条文。

《第十四条 県は、男女が、互いの人格を尊重し、性及び子を産み育てることについて、理解を深め、性教育の充実及びその他の必要な措置を講ずるものとする。》

 「性教育の充実」といふくだりに注目されたい。原案にあつた「性教育の充実」といふ文言を御丁寧にそのまま残したのだ。今、大問題になってゐる超過激なセックス教育。あれを学校で大いにやりませうといふのがこの条文の趣旨なのに。

 条例に「性教育」といふ文言が入るのは初めてで、全国に波及すれば恐ろしいことになる。しかしこの人たちには、堂本知事が性教育条項を盛り込んだ意図など理解できない。このレベルの頭だから、非常識なDV条例案なんかをつくつてしまふのである。この修正案でDV条項はどうなつてゐるかといふと、原案から関連条文をすべて削除した上で、「DV法による別の条例での規定が適当であることから削除したものである」と注釈がついてゐた。

 話を九月県議会に戻すと、堂本案は結局、継続審議になつた。堂本案の成立を期待してゐたかれらは大いに慌てた。原案を「修正」させた功績を誇ることができなくなつたからだ。修正作業に加担した罪状も問はれかねない。

 そこでかれらは九月議会が終はると、にわかに「良識的男女共同参画条例を制定しませう」と叫び始めた。そして自民党県議に接近し、「宇部市のやうな良識的条例を制定すれば全国から脚光を浴びる」と煽つた。日本会議のメンバーと日本時事評論社(山口市)は宇部市男女共同参画条例の制定に関はつた仲だつた。

 良識的男女共同参画条例を唱へる勢力は今、男女共同参画社会基本法を擁護する運動を展開してゐる。男女共同参画社会基本法にジェンダーフリーといふ文言はない、よつて男女共同参画社会基本法には問題がない、男女共同参画条例も男女共同参画社会基本法の範囲にとどまつてゐる限りは問題ない、といふ論法だ。

 周知のやうに、文部科学省は教育基本法に「男女共同参画」を入れようと画策してゐる。「男女共同参画社会基本法には問題がない」などと寝ぼけたことを言つてゐるから、教育基本法まで「男女共同参画」に侵されるのだ。

 「日本時事評論」編集長の山口敏昭氏は、日本会議系の機関誌「祖国と青年」の平成十四年十二月号で、千葉県条例問題でかう書いてゐる。

 「一部に廃案にさえすれば良いという意見もあるようだが、それはむしろナンセンスだ」

 「条例がなくても、いろんな手法でジェンダーフリー思想を押しつけてくることは目に見えている。こうした常識外れに歯止めをかけ、国民の利益を守るためにも、常識的条例を制定して歯止めをかけることが必要なのである」

 「ウチの町には男女共同参画条例なんか必要ない」といふ住民も多からう。でも、さうした意見は「ナンセンス」なのださうだ。全国には約三千の自治体があり、男女共同参画条例が制定されてゐるのは約百。残る二千九百の自治体にも条例づくりをけしかけるつもりらしい。

 「常識外れ」に歯止めをかけるために「常識外れ」のドメステック・バイオレンス条例を作成した人たちの思考は、すべてにおいて常識に外れてゐる。



スポンサーサイト
2003/03/13 21:42|未分類TB:0CM:1

コメント

僧帽筋の美容効果
僧帽筋は人間の背中の一番表層にある筋肉です http://telnet.thriftystmartin.com/
#-|2008/12/07(日) 00:32 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://femiwatch.blog68.fc2.com/tb.php/7-a1128c2b

推薦図書

男と女の戦争―反フェミニズム入門
(「千葉県版・フェミナチ条例の末路」「アマゾネス知事堂本暁子の悪業」等関連論文を収録)

男女平等バカ―年間10兆円の血税をたれ流す、“男女共同参画”の怖い話!
(「堂本暁子・狂気の千葉県政」を所収)

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 千葉のフェミナチ県政を監視するブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。