DV告発ネットワーク、男女混合名簿、露骨な性教育、女子高校廃止・・・・・フェミナチ知事が千葉県で繰り広げるフェミニズム利権政治を監視するブログ。内部告発大歓迎!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

watchman

Author:watchman
生業 ジャーナリスト
ねぐら 下総

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

女性・子供・同性愛者を人権亡者に 

人権サヨク思想に染まる千葉県政
千葉県人権施策基本指針の危険性


 ▼堂本県政4年の罪業(その7)

 千葉県男女共同参画条例案が県議会でつぶされた後も、堂本知事はあの手この手でフェナチ施策を推し進めてきた。男女共同参画条例がダメならこちらがあるさとばかりに策定したのが「千葉県人権施策基本指針」である。
http://www.pref.chiba.jp/syozoku/c_kenfuku/jinken/honbun.html



 千葉県人権施策基本指針は、言つてみれば人権サヨクのテーゼ(綱領)だ。女性の人権、子供の人権、同性愛者の人権、性同一性障害者の人権、外国人の人権、ホームレスの人権・・・と人権のオンパレード。サヨク・フェニズムのあらゆる主張が人権の糖衣の下に詰め込まれてゐる。

 驚くべきは千葉県人権施策基本指針の分量だ。100ページ超もある。他府県にも人権政策の指針は存在するけれど、千葉県人権施策基本指針は内容の過激さと分量において突出してゐる。目次を見ただけでも内容の異常さがうかがへると思ふ。

【第3部】 分野別施策の推進
 第1節 女性の人権
 第2節 子どもの人権
 第3節 高齢者の人権
 第4節 障害のある人の人権
 第5節 被差別部落出身者の人権
 第6節 外国人の人権
 第7節 ハンセン病元患者等の人権
 第8節 HIV感染者等の人権
 第9節 性同一性障害のある人の人権
 第10節 同性愛者の人権
 第11節 ホームレスの人権
 第12節 中国残留孤児の人権
 第13節 犯罪被害者とその家族の人権
 第14節 被拘禁者の人権
 第15節 刑を終えて出所した人の人権
 第16節 様々な人権問題


 千葉県人権施策基本指針で最大のテーマはもちろんフェミニズムである。「女性の人権」の項目には、以下のやうなフェミニズムの主張が繰り広げられる。

《「性」には生物学的な性別だけでなく、「女らしさ/男らしさ」や「男は仕事/女は家事育児」といった社会的・文化的に人々の意識の中に形成される性別(ジェンダー)があり、男女の生き方に大きな影響を与えるとともに、男性を中心にした社会システムの中で、「女性」であることで社会的に不当な扱いを受けたり、能力を十分に発揮する機会が与えられないなど、女性の人権が阻害される要因にもなっています。》

《教育の場では男女平等が確立されていると言われますが、ジェンダーにかかわる隠れたカリキュラムがあって、男女が異なる扱いを受けていたり、性による排除や性別役割分担の再生産が見られるとの指摘があります。》

《女性への人権侵害として、ドメスティック・バイオレンス、セクシュアル・ハラスメント、ストーカー行為等女性への暴力の問題があります。(略)ドメスティック・バイオレンスは、ほとんどが男性から女性に対してなされるものであり、身体的な暴力のみならず、精神的な暴力、性的な暴力、経済的な暴力など、個人の尊厳を脅かし、その個人が本来持っている力を発揮することができない状況に追い込むものです。》

《男女がお互いにその人権を尊重しつつ責任も分かち合い、性別にかかわりなく、その個性と能力を十分に発揮することができる男女共同参画社会の実現に取り組みます。》

《 「女性の権利は人権である」との認識を広めるとともに、男女共同参画の視点に立って固定的な性別役割分担意識の変革と慣行・社会制度の見直しを促進していきます。》

《女性への暴力は、女性の経済的自立の困難さや固定的な役割分担意識等の社会構造を背景とした女性への人権侵害であり、その根絶に向け、女性の人権擁護に対する意識を社会に浸透させていくことが必要です。》

《女性の人権擁護を推進するための施策の立案・推進に際しては、障害のある女性、被差別部落の女性、在日韓国・朝鮮人の女性、ニューカマーの女性、あるいは同性愛の女性、性同一性障害などの様々な立場の女性の人権問題に配慮します。 》

《性別役割分担意識に基づく表現や女性を飾り物・性的対象物として扱う表現は、女性の人格を無視することにつながるため、行政の刊行物等において女性の人権に配慮した表現を推進するほか、マスメディアに対して配慮を求めていきます。 》

 ここに抜き出したのは「女性の人権」の文章のほんの一部にすぎない。あきれるばかりのフェミニズム・プロパガンダが人権に事寄せて延々と展開されてゐることが分かるだらう。これらの文章には、男女共同参画=性役割分担解消を賛美し、社会体制を転覆することを目論む人権サヨクの本音が透けて見える。

 「子どもの人権」の項目もすごい。こちらも人権サヨクの面目が躍如としてゐる。

《このような状況において児童虐待,家庭内暴力や学校でのいじめ・体罰,少年非行などの問題行動や不登校、覚醒剤などの薬物乱用の低年齢化、いわゆる「援助交際」や児童ポルノなどの性の商品化など子どもの人権をめぐる問題が深刻化しています。 こういった問題の背景には、家庭・社会環境の変化といった要因のほか、大人が子どもを未熟な存在として支配的な意識をもったり、保護や教育の対象としてのみ見ることによって子どもの主体性や社会性の欠如を招いているというようなことも要因として考えられます。そのため様々な施策の中で、子どもを保護の対象としてだけでなく、権利の主体として認め、その人権尊重や権利擁護に向けて取り組んでいく必要があります。 》
 
 いじめも援助交際もみんなおとなが悪いのよといふ人権サヨクのお題目。「子どもの人権」の強調が、危険な「子どもの権利条例」制定の布石であることは言ふまでもない。それから、堂本版人権指針の特徴は、子供をやたらにセクハラやらDVの被害者として位置づけたがることだらう。

《このような状況の中で、親からの身体的・心理的・性的虐待やネグレクトを防止する施策やいじめ、スクール・セクシュアル・ハラスメントの防止、不登校やひきこもりの子どもへの支援、学校や施設内で体罰やいじめを受けた子どもが声をあげられるようにするなどの施策を充実することが求められています。》

《DV家庭で育った子どものPTSDや「母親の孤立化」が児童虐待に結びついている場合など、子どもの人権問題は女性の人権問題と深くかかわっていることから、家族一人ひとりの人権が尊重されるよう、地域住民や民間団体、関係機関との連携のもとで家庭支援に関する諸施策を総合的に推進します。》

 「性同一性障害のある人の人権」の項目も、フェミズム・イデオロギーがむき出しだ。

《性同一性障害のある人が地域社会の中で生活していく上で、様々なバリアにより生きやすい社会とは言えない現状があります。 外見や名前と「性別」欄の記載とが食い違った保険証を持って医療機関で受診するのには,非常に勇気が必要です。(略)また、選挙の際の投票所の入場券にも「性別」欄がある場合が多く、そのことにより投票所でトラブルになれば、地元の人々に知られることになります。それを恐れて、選挙権の行使を諦めている人もいます。民間においても,男性として働いている人が「女装」を理由に解雇された事件がありました。あるいは,性同一性障害のある人が、会社に勤めたまま、治療によって望む性別へ移行していくのを、受け入れる環境はまだ整っていない現実があります。》

 などと、性同一性障害者の「差別事例」を、あることないこと羅列したあげく、次のやうに述べる。

《「各種申請書等の公文書の「性別」欄が必要不可欠なものかどうか見直し、不必要な「性別」欄の削除を推進します。》

 なんのことはない。「性同一性障害者の人権」の狙ひは、公文書から性別欄を抹殺することにあつたのだ。「公文書からの性別欄の抹殺」の実現は、フェミズム運動が究極において勝利することを意味する。

 「同性愛者の人権」の項目は、さらにあからさまだ。

《同性愛は、かつては「性的異常」と誤って受け止められていた時代もありましたが、今日の正しい理解では,性的指向の一つとして受け止めるべきものです。 性的指向とは、性的意識や恋愛感情が同性に向くのか異性に向くのかという、人間の性に係わる意識や感覚の問題です。これは、本人の意思や選択によって変更可能なものではないのです。》


 こちらも、同性愛者を性的指向の一つとして受け入れよと勧告した上で、かう述べる。

《同性愛者が同性愛者として生活していく上での十分な法的保障や環境が整っていないという問題があります。この中には、同性同士の結婚が認められていないという法改正が必要な問題もあります。》
 
 同性同士の結婚を認めよ。結局、これが千葉県人権施策基本指針の言ひたいことであることが分かる。

《このため、性的指向や同性愛者の人権について理解を深め、同性愛者が自己肯定感を持てるような教育・啓発を推進します。》

 これで、千葉県内の学校の教壇にオカマが立つ下地ができた。

 堂本知事は千葉県人権施策基本指針を「男女共同参画」行政の根拠としつつ、各種人権条例を制定することを目論んでゐる。まづ抵抗の少ない「障害者差別禁止条例」あたりから手を着け、次が「子ども権利条例」だらう。堂本暁子が再選されたら、千葉県はフェミニズムと人権サヨク・イデオロギーに完全に染められてしますふ。



スポンサーサイト
2005/02/26 23:17|未分類TB:0CM:2

コメント

手芸・クラフト・生地
手芸・クラフト・生地を探すなら http://www.jpnet.info/215783/100872/
#-|2008/09/29(月) 20:07 [ 編集 ]
wjkで古着感
wjkの検索サイト。WJK 通販、WJK セール、WJK DRESS、WJK SALE、AKM WJKなどwjkに関する各種情報をお届けしています。 http://larghetto.portocallrestaurant.com/
#-|2008/11/26(水) 01:34 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://femiwatch.blog68.fc2.com/tb.php/16-6cce120c

推薦図書

男と女の戦争―反フェミニズム入門
(「千葉県版・フェミナチ条例の末路」「アマゾネス知事堂本暁子の悪業」等関連論文を収録)

男女平等バカ―年間10兆円の血税をたれ流す、“男女共同参画”の怖い話!
(「堂本暁子・狂気の千葉県政」を所収)

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 千葉のフェミナチ県政を監視するブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。